https化に使えるWordPress内の文字列を置換するプラグイン【Better Search Replace】

既存のWordPressサイトをhttps化する際に思う事。

  • レンタルサーバー側でhttps化したけど、サイト内が全て保護されていない
  • WordPressの設定でhttps化したけど、サイト内が全て保護されていない
  • 公開している記事内のhttpのコードは、手作業でhttps化しないといけないの?

の疑問に答えていきます。

 

既に「http」で運営しているサイトを「https」にする際、公開済みの記事内にある「http」のコードも「https」に変換する必要があります。

 

ただ、全ての記事内にあるコードを手作業で変換するのは現実的ではありません。

 

この記事では、特定の文字列を一括置換できる「Better Search Replace」プラグインの使い方を紹介しています。

 

他にも置換プラグインはありますが、一番簡単に全ての箇所を一括置換できる「Better Search Replace」のプラグインさえ覚えておけば大丈夫です。

 

この記事の構成です。

  • https化できるBetter Search Replaceとは?
  • https化するためのBetter Search Replaceの使い方
  • https化以外にも使う機会

 

目次

https化できるBetter Search Replaceとは?

「Better Search Replace」は、WordPress内の文字列を一括で、他の文字列に置換してくれるプラグインです。

 

例えば、「http」で運営しているサイト内に画像を張り付けている場合、

http://test.com/〇〇〇.jpg

といったコードで画像を表示しています。

 

「https」にする場合、この画像表示しているコードも

https://test.com/〇〇〇.jpg

と、「http」から「https」に変更してあげないといけません。

 

サイト内にある全ての箇所(外部リンクを除く)に対して、「http」と記載されているコードを「https」に指定し直さないと、そのサイト全体が正常にhttpsとして保護されません。

 

この作業を一つ一つ手作業で変更するのは現実的ではありません。

そこで、「Better Search Replace」のプラグインを使うことで、一括で文字列を置換できます。

 

https化するためのBetter Search Replaceの使い方

それでは使い方を説明します。

まず、「Better Search Replace」のプラグインをインストールしましょう。

 

プラグインの新規追加から「Better Search Replace」で検索してインストールします。

 

 

有効化します。

 

 

WordPressの左側メニューのツールから「Better Search Replace」を選択します。

 

操作画面はいたってシンプルです。

 

項目名
① Search for 置換したい元の文字列を入力します
(例 http://〇〇〇.com)
② Replace with 置換後の文字列を入力します
(例 https://〇〇〇.com)
③ Select tables どのテーブル(箇所)の文字列を置換するか選択します
基本的には全て選択します
④ Case-Insensitive? 大文字・小文字の区別を行わない場合はチェックを付けます
httpからhttpsに変換する場合、チェック付けた方が漏れなく置換できます
⑤ Replace GUIDs? GUIDを置き換える場合にチェックを付けます
チェックは付けなくて大丈夫です
⑥ Run as dry run? テストとして対象件数のみ把握したい場合にはチェック付けます
実際に置換する場合にはチェックを外します。
初回は必ず「チェック付けて実行」してください。
⑦ Run as dry run? 実行ボタンです
初回は必ず「⑥ Run as dry run?」にチェックして実行してください。

 

「③ Select tables」では、「Shift」ボタンを押しながら上から下まで全て選択できます。

 

設定値はこのようなイメージです。

まずは、「Run as dry run?」にチェックを付けた状態で、テスト的に実行しましょう。
テスト実行では、実際に置換はされません。

 

 

実行すると、上部に結果メッセージが表示されます。

 

 

メッセージ内の「Click here」を押すと、対象テーブル毎に置換件数が確認できます。

 

 

設定に問題なければ、「Run as dry run?」のチェックを外して、実際に実行しましょう。

 

 

テスト実行と同様に、上部に結果メッセージが表示されます。

 

 

該当のサイトを表示すると、全ての記事やページがhttps化されますので、保護されていることが分かるはずです。

 

 

作業が終わりましたら、「Better Search Replace」のプラグインは不要になりますので、停止か削除を行っても大丈夫です。

 

https化以外にも使う機会

このように、サイト内に登録されている文字列を一括で置換できます。

 

そのため、「http」から「https」に置換するだけでなく、

  • サイト名を変更した場合
  • 筆者の名前が変わった場合
  • 自身のSNSへのリンクURLが変わった場合

にも、一括で文字列やリンク先のURLを置換できます。

 

「Better Search Replace」プラグインの使い方を覚えておくと、いざというときに効率的に置換できますので、ぜひ活用くださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる